« F.ファウジー、ドイツGPでもフリー走行出走へ | トップページ | 尻に火がついたペトロフ(ルノー)、「頑張るしかない」 »

2010/07/21

ウィリアムズ首脳もバリチェッロ残留容認

Rubens Barrichello (C)Williams F1
拡大します
今年のF1でシューマッハに次ぐ「高齢ドライバー」であるウィリアムズ・チームのルーベンス・バリチェッロ(38歳:ブラジル)は、すでに来シーズンも同チーム残留の意向を明らかにしたが、これを受けフランク・ウィリアムズ前代表もこれを容認する姿勢を示している。

これはドイツの『アウトモーター・ウント・スポルト』誌が報じたもので、それによればサー・フランクは「バリチェッロとの契約更新は単に手続を残しているだけ。
われわれは彼の能力・意欲に十分満足していて、変更する理由がない。
彼の持つ豊富な経験は、われわれにとって重要なものだからね」と、語っているという。

1993年の南アフリカGPに、当時まだ20歳の若さでジョーダンからデビューしたバリチェッロは、今年実に18年目のシーズン。
ここまで通算11回の優勝を誇る。

|

« F.ファウジー、ドイツGPでもフリー走行出走へ | トップページ | 尻に火がついたペトロフ(ルノー)、「頑張るしかない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48930011

この記事へのトラックバック一覧です: ウィリアムズ首脳もバリチェッロ残留容認:

« F.ファウジー、ドイツGPでもフリー走行出走へ | トップページ | 尻に火がついたペトロフ(ルノー)、「頑張るしかない」 »