« フェラーリ、チームオーダーでFIAから10万ドルの罰金 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ポイント逸し「不満足なレース」 »

2010/07/26

フォース・インディア、ピット作業ミスに意気消沈

Pitstop Scene (C)Force India F1
拡大します
いわゆる4強(マクラーレン、レッドブル、フェラーリ、メルセデスGP)を追い掛けるチームの中で、ワークスの流れを汲むルノーを除けば目下コンストラクターズ・ランキング6位と大健闘を続けるプライベート・チームのフォース・インディアだが、今回のドイツGPではとんだ失態を演じて雰囲気を悪化させている。

このレースではいきなりオープニングラップで接触が相次ぎ、同チームではスーティル&リウッツィ共に緊急ピットイン。
ところがその際クルーが混乱してしまい、双方のマシンの左リヤタイヤを付け違えるというF1チームらしからぬ間違いをしてしまったもの。
(プライムタイヤとオブションタイヤが入れ違った)

結果的に余分なピットインを余儀なくされたリウッツィは16位、スーティルも17位となり、今季スペインGPから続けていた連続入賞をフォース・インディアは7戦目にして逸することとなった。

|

« フェラーリ、チームオーダーでFIAから10万ドルの罰金 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ポイント逸し「不満足なレース」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48978279

この記事へのトラックバック一覧です: フォース・インディア、ピット作業ミスに意気消沈:

« フェラーリ、チームオーダーでFIAから10万ドルの罰金 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、ポイント逸し「不満足なレース」 »