« 山本左近(ヒスパニア)、なお出走機会窺う | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、小林可夢偉が脱落 »

2010/07/31

ウェバー(レッドブル)、最終プラクティスでトップタイム

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
公式予選を前に行われたハンガリーGPの最終プラクティス(フリー走行3回目)は、これまで僚友ベッテルの陰に隠れた感のあったマーク・ウェバーが、ただ一人1分20秒の壁を破る1'19.574のベストタイムをマーク、存在感を示した。

以下、2番手にベッテル、3番手アロンソ(フェラーリ)、4番手クビサ(ルノー)、5番手マッサ(フェラーリ)、6番手ハミルトン(マクラーレン)、7番手ペトロフ(ルノー)、8番手ロズベルグ(メルセデスGP)、9番手バトン(マクラーレン)、10番手ヒュルケンバーグ(ウィリアムズ)というトップ10。
母国ロシアにほど近く、来シーズンに向けて重要な時期とみられるペトロフの頑張りが印象的なフリー走行となった。

グリップ不足を訴えるザウバー勢はデ・ラ・ロサ&小林可夢偉で12-13番手に。
ヒスパニアの山本左近はチームメイト(セナ)から0.697秒遅れの24番手だった。
なお、このセッションでフォース・インディアのリウッツィ&スーティルがドライブシャフトとみられるトラブルで早々にマシンを降りている。

ハンガリーGPフリー走行3回目の結果はこちら
ハンガリーGP画像はこちら

|

« 山本左近(ヒスパニア)、なお出走機会窺う | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、小林可夢偉が脱落 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー(レッドブル)、最終プラクティスでトップタイム:

» F1ハンガリーGP FP3 [FASTEST LAP -Ameba-]
天候は晴れでした。 お昼頃に雷雨があるかも・・・とか。 (このセッション後、というタイミング) 開始10分 全マシンがインストレーションラップを完了。 相変わらず可夢偉は映像にきますね・・・よしよし。 その後誰もコースインせず・・・ しばしご歓談をw 残り... [続きを読む]

受信: 2010/07/31 19:54

« 山本左近(ヒスパニア)、なお出走機会窺う | トップページ | ハンガリーGP予選Q1、小林可夢偉が脱落 »