« エクレストン氏、「モナコGP消滅だってあり得る」 | トップページ | ザウバーもブロウン・ディフューザー投入で飛躍図る »

2010/07/19

バトン(マクラーレン)、ロシアGP開催を後押し

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
このほど初めてロシアを訪れたというマクラーレン・チームのジェンソン・バトン(30歳:イギリス)が、クレムリンでF1ロシアGP開催を後押しする発言をして注目されている。

ここモスクワでのロシアGP初開催を目指し目下準備中というBMCR(ババリア・モスクワ・シティ・レーシング)のデルク・ザウアー氏は、「正式契約はまだ結ばれていないが、エクレストン氏は好意的。
われわれは2012年の開催を確実視しているよ」と、すこぶる前向きな姿勢。

ロシアではいまペトロフ(ルノー)の活躍により急速にF1熱が高まっているとされるが、実際に現地を訪れたバトンも「ロシアではもうすっかりF1を開催する機が熟している」と、好印象を持ったようだ。

|

« エクレストン氏、「モナコGP消滅だってあり得る」 | トップページ | ザウバーもブロウン・ディフューザー投入で飛躍図る »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48912971

この記事へのトラックバック一覧です: バトン(マクラーレン)、ロシアGP開催を後押し:

« エクレストン氏、「モナコGP消滅だってあり得る」 | トップページ | ザウバーもブロウン・ディフューザー投入で飛躍図る »