« ルノー・チーム、クビサに残留契約呈示 | トップページ | 2011年、「標準マシン重量配分」の方向へ »

2010/07/06

ミシュラン首脳、「F1タイヤ独占供給は誤り」

Michelin Tyre (C)Renault F1 UK
拡大します
ブリヂストンタイヤ撤退のあと、2011年シーズンからのF1タイヤ供給者はイタリアのピレリということで結着したが、最後まで名前が挙げられていたフランスのミシュランは、「F1タイヤの独占供給は誤り」と、あらためて主張している。

これは同社のスポーツ部門責任者であるニック・ショロック氏が仏『オート・エブド』紙に語ったもので、その中で同氏は「FIA(国際自動車連盟)からは、F1復帰について関心があるかを尋ねられたよ。
もちろんわれわれはそれに肯いた。
ところが彼らが示したのは、今年のレギュレーションに沿った供給の形だったんだ。
しかし、われわれのモータースポーツに対するポリシーはいつだって正当な競争というところにある。
モータースポーツの最高峰がワンメイクというのは誤りだよ。
残念ながら、われわれがそうしたF1の状況はわれわれが望むところではなかったということだ」と、無念さを表した。

|

« ルノー・チーム、クビサに残留契約呈示 | トップページ | 2011年、「標準マシン重量配分」の方向へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48809061

この記事へのトラックバック一覧です: ミシュラン首脳、「F1タイヤ独占供給は誤り」:

« ルノー・チーム、クビサに残留契約呈示 | トップページ | 2011年、「標準マシン重量配分」の方向へ »