« 雨のフリー走行1回目はスーティルがトップタイム | トップページ | 『LG』、レッドブル・レーシングと契約 »

2010/07/23

ドライになったフリー走行2回目はアロンソが最速タイム

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
ドイツGPのフリー走行2回目セッションは、午前とは変わってドライコンディションで開始。
午前のセッションでクラッシュしてマシンを痛めたマクラーレンのハミルトンは、修復に時間を取られ最初の約1時間ほどは走ることができなかった。

ここでトップタイムをマークしたのはフェラーリのアロンソ。
しかしレッドブルのベッテルがわずか0.029秒という僅差で2番手に続いた。
また3番手にマッサ、4番手にウェバーと、上位4台はフェラーリとレッドブル勢が仲良く分ける形となった。
5-6番手にはメルセデスGPのロズベルグ&シューマッハ、7番手マクラーレンのハミルトン、8番手ルノーのクビサ、9-10番手がウィリアムズのバリチェッロ&ヒュルケンバーグだった。

ザウバーの小林可夢偉は11番手だったが、最後のアタック終盤でアロンソのマシンに引っ掛かっていて、まだタイムは詰められた筈。
僚友のデ・ラ・ロサは13番手。
4強では唯一マクラーレンのバトンが15番手に甘んじた。
ヒスパニアの山本左近は残念ながらここでもチームメイト(セナ)に1秒以上遅れ、最下位に留まった。

ドイツGPフリー走行2回目の結果はこちら
ドイツGP画像はこちら

|

« 雨のフリー走行1回目はスーティルがトップタイム | トップページ | 『LG』、レッドブル・レーシングと契約 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ドライになったフリー走行2回目はアロンソが最速タイム:

» ドイツGP FP2 [FASTEST LAP -Ameba-]
ほぼドライでのセッションでしたが、 小雨がぱらついて、 なかなか安定したタイムが出せない・・という感じ。 ハミルトンがFP1でのクラッシュのマシン修復に時間がかかったので 最後15分ぐらいしか走れませんでした。 可夢偉、デラロサもトップ10のちょっと後ろぐらい... [続きを読む]

受信: 2010/07/24 00:03

« 雨のフリー走行1回目はスーティルがトップタイム | トップページ | 『LG』、レッドブル・レーシングと契約 »