« アロンソ(フェラーリ)、初めて『F10』でフィオラノ走る | トップページ | ブリヂストン、さらなるソフトタイヤの導入検討 »

2010/06/21

バトン、「マクラーレン移籍は正しい判断」

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
目下ドライバーズ・ランキング2位、チームメイトであるハミルトンと共に今シーズンのチャンピオンシップをリードするマクラーレン・チームのジェンソン・バトンは、次のように語っている。

「僕が2009年のチャンピオンを獲りながらチーム(ブラウンGP、現メルセデスGP)を去る決断をしたことでずいぶんと非難されたけれど、それが決して誤りでないことがこれでわかるだろう。
マクラーレンというチームを選択したことが、正しい判断だったということさ。
僕がこのチームを訪れた時、過去にあれだけ成功した彼らが、今もなおハングリーに上を追い求めていることがわかったんだ。
これは僕のチャレンジング精神とも合致するし、いまはほんとうにこの闘いをエンジョイしているよ」

バトンの視線の先にあるのは、もちろん2年連続のチャンピオンだ。

|

« アロンソ(フェラーリ)、初めて『F10』でフィオラノ走る | トップページ | ブリヂストン、さらなるソフトタイヤの導入検討 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48683189

この記事へのトラックバック一覧です: バトン、「マクラーレン移籍は正しい判断」:

« アロンソ(フェラーリ)、初めて『F10』でフィオラノ走る | トップページ | ブリヂストン、さらなるソフトタイヤの導入検討 »