« 小林可夢偉(ザウバー)、「みんなが手を振り終了知った」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、いったんはFIA批判ものち謝罪 »

2010/06/30

ウェバー(レッドブル)、「宙を舞ったらなす術ない」

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
重傷を負ってもおかしくないような大アクシデントに見舞われながらも、ほとんど無傷でマシンから脱出して喝采を浴びたレッドブル・レーシングのマーク・ウェバーだったが、それでもしかし「一歩間違えば、自分のレース人生は終わっていた」と、その瞬間を振り返った。

「コバライネンのマシンに接触したあと、マシンごと宙を飛ばされながら考えたことは、どういうふうに落下するんだろう?ということだった。
だってこのコースには危険な場所がたくさんあるからね。
幸いなことに、最終的にタイヤバリアにクラッシュしたのはラッキーだった。
結論としてわかったことは、とにかくどんなに訓練したドライバーだって、宙を飛んだらもうなす術はない、ということだよ。
つまり、誰だってもうただの『乗客』でしかないのさ」

幸いウェバーは軽い打撲とわずかな擦り傷だけで済んだということだ。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、「みんなが手を振り終了知った」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、いったんはFIA批判ものち謝罪 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48755253

この記事へのトラックバック一覧です: ウェバー(レッドブル)、「宙を舞ったらなす術ない」:

» 車が飛ぶのはご遠慮願いたい [kokkiのざれごと]
ヨーロッパGPで、マークウエーバーが舞い上がってしまったようだが、 あれ前にも、 [続きを読む]

受信: 2010/06/30 23:51

« 小林可夢偉(ザウバー)、「みんなが手を振り終了知った」 | トップページ | アロンソ(フェラーリ)、いったんはFIA批判ものち謝罪 »