« 9名のドライバーに5秒加算のペナルティ | トップページ | ロータス・レーシング、ほろ苦『500戦目』 »

2010/06/28

アクシデント、双方共に「どちらの責任でもない」

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
ヨーロッパGP決勝レース中、ウェバー(レッドブル)とコバライネン(ロータス)との間に起きた壮絶なアクシデントについて、レース後いずれのドライバーも「どちらの責任でもない」と、口を揃えた。

危うく最悪の事態を免れたウェバーは、「接触した直接の原因は彼が予想より早くブレーキングしたことだと思うけれど、でもこれはバトルの中で起きたことで、どちらが悪いということでもないと思っている。
問題は、性能のまったく違うマシンが同じレースで争っているということだよ」と、マシンの性能差にも問題があることを示唆した。

一方、追突された形のコバライネンも、「彼がブレーキング・ポイントをミスしたからだと思うけれど、タイヤとタイヤが当たってしまったのが不幸なことだった。
そのため彼のマシンは宙を飛んでしまったんだからね。
でも、どちらのせいでもないよ、とにかく彼が無事で良かったということ」と、語っている。

|

« 9名のドライバーに5秒加算のペナルティ | トップページ | ロータス・レーシング、ほろ苦『500戦目』 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48740054

この記事へのトラックバック一覧です: アクシデント、双方共に「どちらの責任でもない」:

» F1(5238) ウェーバーは無事! シルバーストンへ! [戀は糸しい糸しいと言う心]
       ヨーロッパGP決勝で宙を舞う大クラッシュを喫したマーク・ウェーバー [続きを読む]

受信: 2010/06/29 02:23

« 9名のドライバーに5秒加算のペナルティ | トップページ | ロータス・レーシング、ほろ苦『500戦目』 »