« 来季F1タイヤ供給者、トルコGPでも発表されず | トップページ | フォース・インディアvsロータス、新たな遺恨勃発 »

2010/06/02

Fダクト、ルノーはカナダで投入もレッドブルは否定的

McLaren F-Duct (C)McLaren Group
拡大します
多くのチームで主流となりつつある『Fダクト・システム』だが、前戦トルコGPでテストしたレッドブル・レーシングでは、まだその機能が十分に効果を発していないとして次戦カナダGP(6月13日決勝)では投入しない方針を示唆した。

レッドブルのマーク・ウェバーはトルコでの感触として「まだ期待したような機能には達していないから」と語っているが、これを搭載したマクラーレンのマシンにストレートスピードで後れを取っていたのは明白だ。

一方、ルノー・チームではカナダGPの開催地ジル・ビルニューブ・サーキットはアクセルの全開区間が長く効果が期待できるとして新たにシステムを投入する構えとみられる。

|

« 来季F1タイヤ供給者、トルコGPでも発表されず | トップページ | フォース・インディアvsロータス、新たな遺恨勃発 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48520156

この記事へのトラックバック一覧です: Fダクト、ルノーはカナダで投入もレッドブルは否定的:

» ルノーもFダクトを投入 [F1 2010]
ストレートでのトップスピードアップに効果の大きいFダクトがカナダGPでは ルノーにも投入されるとのこと 全開区間の長いカナダGPでは有効的か トルコGPでテストしていたレッドブルは、効果が見られなかったことからカナダGPでの投入は見送られたが、トルコではマクラーレンに追い回されていたことを考えると レッドブルは厳しいか? ザウバー 2010 小林可夢偉 ドライバ... ザウバー M.シューマッハ ... [続きを読む]

受信: 2010/06/02 21:40

« 来季F1タイヤ供給者、トルコGPでも発表されず | トップページ | フォース・インディアvsロータス、新たな遺恨勃発 »