« 2年ぶり開催カナダGP、観客の入り好調 | トップページ | 最終プラクティスはハミルトン(マクラーレン)最速 »

2010/06/12

ロス・ブラウン代表、レッドブルへのエンジン供給牽制

Ros Brawn (C)Mercedes Motorsports
拡大します
昨シーズンのブラウンGP時代に続き、今季もメルセデス・エンジンを搭載して戦うメルセデスGPのロス・ブラウン代表は、一部で噂になっているレッドブル・レーシングへの同エンジン供給の噂をモントリオールで牽制した。

「エンジンパワーがF1マシンの戦闘力の全てではないが、重要な要素であることは間違いない。
私が考える理想は、コスワースのように独立したエンジン・メーカーが広く供給するというものだがね」
ブラウン代表はこのように伊誌の取材に答えたが、その本音は今年のレッドブルのような優れたシャシーに強力なエンジンが搭載されたくないのだろうと他チームからは揶揄されている。

今季メルセデス・エンジンは他にマクラーレンとフォース・インディアに搭載、一方レッドブルが搭載するルノー・エンジンは、一般にパワー面でライバルより劣るとみられている。

|

« 2年ぶり開催カナダGP、観客の入り好調 | トップページ | 最終プラクティスはハミルトン(マクラーレン)最速 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48607822

この記事へのトラックバック一覧です: ロス・ブラウン代表、レッドブルへのエンジン供給牽制:

« 2年ぶり開催カナダGP、観客の入り好調 | トップページ | 最終プラクティスはハミルトン(マクラーレン)最速 »