« 予選Q1もハミルトンがトップ 小林可夢偉は脱落 | トップページ | カナダGPポールポジションはルイス・ハミルトン! »

2010/06/13

シューマッハ(メルセデスGP)、予選Q2で脱落

予選Q2もトップタイムを記録したのはマクラーレンのハミルトンで、ベストタイムも1'15.528とQ1の時よりさらに短縮してみせた。
ただ今回は上位6台がすべて1分15秒台。
2番手はベッテル(レッドブル)、3番手アロンソ(フェラーリ)、4番手クビサ(ルノー)、5番手ウェバー(レッドブル)、6番手バトン(マクラーレン)、7番手ロズベルグ(メルセデスGP)、8-9番手フォース・インディアのリウッツィ&スーティル、そして10番手がマッサ(フェラーリ)でこの10台がQ3進出を果たした。

脱落したのはバリチェッロ&ヒュルケンバーグのウィリアムズ勢、メルセデスGPのシューマッハ、ルノーのペトロフ、トロ・ロッソのブエミ&アルグエルスアリ、そしてザウバーのデ・ラ・ロサの7台。
シューマッハがQ3に出られなかったのは今季初。
もちろんメルセデスGPとしても初の屈辱を晴らすということになった。

|

« 予選Q1もハミルトンがトップ 小林可夢偉は脱落 | トップページ | カナダGPポールポジションはルイス・ハミルトン! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48614328

この記事へのトラックバック一覧です: シューマッハ(メルセデスGP)、予選Q2で脱落:

« 予選Q1もハミルトンがトップ 小林可夢偉は脱落 | トップページ | カナダGPポールポジションはルイス・ハミルトン! »