« 独誌、カナダGPでの小林可夢偉(ザウバー)に低評価 | トップページ | 旧『チームUSF1』、しめて1億3千万円なり »

2010/06/17

カナダGPの成功、アメリカGP復活を後押しか

Canada GP Scene (C)Mercedes Motorsports
拡大します
先に行われたカナダGPは、金曜日のフリー走行セッションから観客の入りが好調で、ひさびさF1グランプリの熱気を感じさせた。
この時を同じくして、FOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン氏はアメリカの投資家グループと会談の場を持ったと報道された。

もちろん目的は2007年限りで開催が途絶えているアメリカGPの復活についてとみられる。
肝心の相手は動画投稿サイトの世界最大手『ユーチューブ』の共同創設者であり/CEO(最高経営責任者)も務めるチャド・ハーリー氏(33歳:アメリカ)で、今季のF1参戦を目指した『チームUSF1』のオーナーとしても知られる。

カナダGPの成功でエクレストン氏は北米大陸での2グランプリ開催が可能であると判断した模様で、今後の展開が注目される。

|

« 独誌、カナダGPでの小林可夢偉(ザウバー)に低評価 | トップページ | 旧『チームUSF1』、しめて1億3千万円なり »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48650855

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPの成功、アメリカGP復活を後押しか:

« 独誌、カナダGPでの小林可夢偉(ザウバー)に低評価 | トップページ | 旧『チームUSF1』、しめて1億3千万円なり »