« 韓国サーキット、豪モータースポーツ連盟に協力求める | トップページ | ベッテル(レッドブル)、フリー走行2回目トップタイム »

2010/06/12

カナダGPフリー走行1回目はバトン(マクラーレン)最速!

11日(金)カナダGPのフリー走行がスタートした。
路面はまだコンディションが良くなく、多くのクルマにコースを外すシーンがみられた。

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
午前に行われた1回目セッションでトップタイムを記録したのはマクラーレンのジェンソン・バトンで、1'18.127のタイムは2番手につけたシューマッハ(メルセデスGP)を0.158秒だけ凌ぐものだった。
3-4番手にも同じくハミルトン(マクラーレン)-ロズベルグ(メルセデスGP)という順番で、レッドブル勢はベッテルが5番手、ウェバーのほうは14番手に留まっている。
以下6番手にクビサ(ルノー)、7番手アロンソ(フェラーリ)、8番手リウッツィ(フォース・インディア)、9-10番手がウィリアムズのヒュルケンバーグ&バリチェッロだった。

ザウバー・チームは小林可夢偉が15番手、デ・ラ・ロサのほうは17番手だった。
なおヴァージンのディ・グラッシはマシンにトラブルがあったようで、多くの時間をガレージに留まったまま。
結局トータル4周をしたものの有効なタイムは記録されずにこのセッションを終えている。

カナダGPフリー走行1回目の結果はこちら
カナダGP画像はこちら

|

« 韓国サーキット、豪モータースポーツ連盟に協力求める | トップページ | ベッテル(レッドブル)、フリー走行2回目トップタイム »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48606233

この記事へのトラックバック一覧です: カナダGPフリー走行1回目はバトン(マクラーレン)最速!:

» F1カナダGPフリー走行1 [FASTEST LAP -Ameba-]
世間はワールドカップサッカーで盛り上がっている中、 カナダGP開幕です。 ここはパーマネントサーキットじゃないのでセッション序盤は路面が酷くて まともにタイム計測する人が居ませんでした。 途中からパラパラと雨も落ちてきましたが、タイム的にはさほど影響してな... [続きを読む]

受信: 2010/06/12 09:40

» F1 カナダGP フリー走行1・2回目 結果 そしてPP予想 [蔵前トラックⅡ]
F1は2年ぶりとなる北米ラウンドへ、カナダGPが開幕いたしました。なんと言っても [続きを読む]

受信: 2010/06/13 13:18

« 韓国サーキット、豪モータースポーツ連盟に協力求める | トップページ | ベッテル(レッドブル)、フリー走行2回目トップタイム »