« ハミルトン(マクラーレン)、カナダGP制覇で2連勝 | トップページ | マッサ(フェラーリ)にピットレーン速度違反でペナルティ »

2010/06/14

ブリヂストン カナダGP決勝レースの模様

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第8戦 カナダGP
2010年F1世界選手権 カナダGP決勝
開催場所:モントリオール 開催日:6月11日~6月13日

カナダGP決勝は、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手が、スーパソフト-ミディアム-ミディアムのタイヤ戦略でスリリングかつ非常に見所の多いレースに優勝した。

ハミルトン選手に続いてチームメイトのジェンソン・バトン選手がフィニッシュラインを越え、ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスが1-2フィニッシュを達成した。
スクーデリア・フェラーリのフェルナンド・アロンソ選手が3位を獲得した。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「優勝したルイス・ハミルトン選手とボーダフォン・マクラーレン・メルセデスにお祝いを申し上げます。
タイヤ戦略がレースをエキサイティングにした、素晴らしいレースを観ることができました。
ブリヂストン・カナダ及びブリヂストンUSAは、このレースをプロモーションとマーケティングの最高の舞台として使っていました。
彼らは幾つかの素晴らしいPR活動を行い、更には大勢の重要なゲストがサーキットを訪れて下さいました。
ここモントリオールでチケットが完売したことは、北米でもF1が人気があることを示しています。
F1がこの素晴らしい場所に戻ってくることができたこと、しかも、今日のようなエキサイティングなレースになったことを非常にうれしく思います」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「今日のレースは、タイヤ戦略と路面コンディションの変化が重要な要素でした。
今日は、今週末で最も気温が高く、タイヤのパフォーマンスも昨日までと比べて向上しました。
路面コンディションが良くなってきたのはラバーが乗り始めた10周目ぐらいからで、気温の高さにも助けられました。
レース優勝者は44周をミディアムコンパウンドで走りました。
これは、路面コンディションがいかに向上したかを示しています。
しかし、ミディアムコンパウンドもスタート直後では性能の落ちが大きかったため、早い段階からのピットストップが目立ちました。
ピットストップ戦略や使用コンパウンドの装着順も様々で、興味深かったです。
今日は1ストップ戦略は不可能でしたので、2ストップ、3ストップ、もしくはそれ以上のバラエティーに富んだ戦略が見られました。
路面コンディションとタイヤのパフォーマンスが変化したため、ピットウォールからの判断も非常に難しかったと思います」


|

« ハミルトン(マクラーレン)、カナダGP制覇で2連勝 | トップページ | マッサ(フェラーリ)にピットレーン速度違反でペナルティ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48625461

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン カナダGP決勝レースの模様:

» F1カナダGP(2010 R8) [UKYOのつぶやき]
F1第8戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2010/06/14 13:44

» タイヤ ショップ [幸せのかけら]
本日の情報〜〜ふ〜〜ん。こんな事が、起こっていたのですか・・・・・・・・・・・・・毎日、毎日いろんな事が!ショートクラスショートクラスです。ボディステップは2度リタイヤしてしまったので、これでリタイヤしたらもうボディステップにはでないだろうと思いながらの参加でした。インストラクターさんが、ボディステップを担当しはじめたばかりで、レパートリが少なかったのが幸いしてリタイヤしないですみました。このhttp://syunten-record.cocolog-nifty.com/blog/2010/06/p... [続きを読む]

受信: 2010/06/24 19:11

« ハミルトン(マクラーレン)、カナダGP制覇で2連勝 | トップページ | マッサ(フェラーリ)にピットレーン速度違反でペナルティ »