« チャンドク(ヒスパニア)のトラブルはセンサー | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ペナルティで5グリッド後退 »

2010/06/13

ブリヂストン カナダGP公式予選の模様

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第8戦 カナダGP [予選]
2010年F1世界選手権 カナダGP 予選
開催場所:モントリオール 開催日:6月11日~6月13日

カナダGP予選は、ブリヂストンのスーパーソフトコンパウンド・ポテンザタイヤで素晴らしい戦いを見せたボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手がポールポジションを獲得した。

ハミルトン選手はセッション終了直前に1分15秒101を記録し、ミディアムコンパウンドを装着したレッドブル・レーシングのマーク・ウェバー選手を上回った。
午前のセッションでも、ハミルトン選手が最速ラップタイムを記録している。

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェローとのQ&A

今日の走行のポイントを教えて下さい。
「昨夜の雨で午前中は路面が汚れ、温度が低く、滑りやすい状況でした。
路面が所々濡れている場所もありました。
午後には路面コンディションも向上しましたが、ここモントリオールは、やはりグリップを見つけてタイヤ本来の性能を引き出すのが難しいサーキットです。
今回は今シーズンで、予選でどのコンパウンドを使うかというのが、最も難しい選択だったと思います。
2種類のコンパウンドは異なる特徴を見せていますが、最終的には上位のラップタイムにはあまり差がありませんでした。
Q3では、性能発揮領域の温度が低いスーパーソフトと性能発揮領域の温度が高いミディアムの差が明確に出たと思います。
ハミルトン選手はスーパーソフトを装着した2周目のアタックで素晴らしいポールポジションのタイムを記録した一方、ミディアムコンパウンドで走ったウェバー選手は4周目のアタックで彼に非常に接近したタイムを記録しました」

明日のレースではどのようなタイヤ戦略が考えられますか?
「トップ2台は異なるコンパウンドで予選タイムを記録しましたので、このふたりは異なるタイヤでレースをスタートします。
ミディアムコンパウンドはスーパーソフトよりもウォームアップに時間がかかりますので、スタート直後の数周が注目です。
スーパーソフトのスタート後の耐久性も興味深いです。
レースのスタートは現地時間の昼の12時ですので気温もまだそれほど高くないはずですから、タイヤのパフォーマンスにも影響があると思います。
これまでの長距離走行のデータを見ると、スーパーソフトはそれほど長く持たないと思います。
グレイニングも見られますので、1ストップ戦略が使われる可能性は少ないでしょう。
もちろん、雨になる可能性もあります。
やはりモントリオールは非常に大きなチャレンジですね」

|

« チャンドク(ヒスパニア)のトラブルはセンサー | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ペナルティで5グリッド後退 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48615028

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン カナダGP公式予選の模様:

» F1カナダGP(2010 R8) [UKYOのつぶやき]
F1第8戦カナダGP! [続きを読む]

受信: 2010/06/13 14:07

« チャンドク(ヒスパニア)のトラブルはセンサー | トップページ | ウェバー(レッドブル)、ペナルティで5グリッド後退 »