« スペインGPはフリー走行3回目もレッドブル勢が席巻 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、最終予選進出果たす! »

2010/05/08

予選Q1でバリチェッロ脱落、ザウバーは突破

スペインGPの予選Q1が終了。
ここでもレッドブル1-2タイムを記録したが、トップはウェバーのほうだった。
2番手ベッテル、3-4番手にハミルトン&バトンのマクラーレン勢、5番手アロンソ(フェラーリ)、6番手デ・ラ・ロサ(ザウバー)、7番手ロズベルグ(メルセデスGP)、8番手クビサ(ルノー)、9番手シューマッハ(メルセデスGP)、10番手はマッサ(フェラーリ)だった。
上位チームはこのセッションではほとんどプライムタイヤだが、ザウバーはオブション・タイヤ。

ザウバーの小林可夢偉は11番手で通過。
16番手のペトロフはクラッシュしたフリー走行後にギヤボックスを交換しているために決勝レースでは5グリッド降格のペナルティを受ける。

ここで脱落したのはウィリアムズのバリチェッロ。
バリチェッロがQ1で敗退するのは今季初。
以下、トゥルーリ(ロータス)、コバライネン(ロータス)、グロック(ヴァージン)、ディ・グラッシ(ヴァージン)、チャンドク(ヒスパニア)、そしてセナ(ヒスパニア)の7台となった。

|

« スペインGPはフリー走行3回目もレッドブル勢が席巻 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、最終予選進出果たす! »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48307621

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1でバリチェッロ脱落、ザウバーは突破:

« スペインGPはフリー走行3回目もレッドブル勢が席巻 | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、最終予選進出果たす! »