« デビッド・クルサード、モナコに所有のホテル売却 | トップページ | 評価高まるウェバー、「レッドブルにこだわらない」 »

2010/05/24

マンホールが原因だった、バリチェッロの事故

Rubens Barrichello (C)Williams F1 Team
拡大します
先のモナコGP決勝レース中、突然のスピン・クラッシュで戦列を去ったウィリアムズ・チームのベテラン、ルーベンス・バリチェッロだが、その原因がどうやらコース上のマンホール蓋だったことがチームから発表された。

それによれば2コーナー部分に設置されたマンホールの蓋は、固定が十分でなかったためバリチェッロのマシンがここを通過した際に浮き上がってしまい、その結果ウィリアムズ『FW32』はスピンして左後輪をクラッシュさせ、レースを終える羽目になったものという。
この報告はFIA(国際自動車連盟)に正式に上げられているということだ。

|

« デビッド・クルサード、モナコに所有のホテル売却 | トップページ | 評価高まるウェバー、「レッドブルにこだわらない」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48443861

この記事へのトラックバック一覧です: マンホールが原因だった、バリチェッロの事故:

» マンホール攻撃 [FASTEST LAP -Ameba-]
モナコGPでリアセクションが壊れてクラッシュリタイアしたバリチェロですが、 原因はマンホール・・・だったそうです。 外れたマンホールがリアホイールにダメージを与え、それが原因で・・・とのこと。 なかなか運が悪い・・・ですが、 でもステアリングを投げちゃダ... [続きを読む]

受信: 2010/05/24 07:35

« デビッド・クルサード、モナコに所有のホテル売却 | トップページ | 評価高まるウェバー、「レッドブルにこだわらない」 »