« FOTA、2011年は『Fダクト禁止』で合意 | トップページ | シューマッハ、「モナコGPは旧型マシンがいい」 »

2010/05/11

ハミルトン(マクラーレン)のアクシデントの原因は?

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
スペインGP決勝で、表彰台を目前にしながら突然のアクシデントに見舞われたルイス・ハミルトンのマシンについて、マクラーレンの関係者は左フロントに装着されたタイヤ自体にあったのでは、との見解を強めているようだ。

これについて当のハミルトン自身も、タイヤブローによって僕の戦いが終わった、とレース後語っている。

しかしチームではまだ原因は特定されていないとして、安易な想像で語らないよう関係者を戒めた。
今回破損した部分はすべて通称「パラゴン」と呼ばれるイギリスにあるチームのテクノロジー・センターに送られ、正確な事故原因を究明するとしている。

|

« FOTA、2011年は『Fダクト禁止』で合意 | トップページ | シューマッハ、「モナコGPは旧型マシンがいい」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48329318

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(マクラーレン)のアクシデントの原因は?:

« FOTA、2011年は『Fダクト禁止』で合意 | トップページ | シューマッハ、「モナコGPは旧型マシンがいい」 »