« ベッテル(レッドブル)、「もうブレーキ心配してない」 | トップページ | マクラーレン、フライ氏(チーフ・エンジニア)離脱発表 »

2010/05/15

罰金科せられていたバトン(マクラーレン)

Jenson Button (C)McLaren Group
拡大します
13日(木)行われたモナコGPのフリー走行で、マクラーレン・チームのジェンソン・バトンがピットレーン速度違反により罰金を科せられていたことがわかった。

罰金額は800ユーロ(約9万2千円)ということで、規則では速度オーバー1キロあたり200ユーロとなっていることからバトンがオーバーしたのは4キロほど(時速64キロ?)と推定される。

このセッション(1回目)、バトンは全体で8番手のタイムを記録している。

|

« ベッテル(レッドブル)、「もうブレーキ心配してない」 | トップページ | マクラーレン、フライ氏(チーフ・エンジニア)離脱発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48361276

この記事へのトラックバック一覧です: 罰金科せられていたバトン(マクラーレン):

« ベッテル(レッドブル)、「もうブレーキ心配してない」 | トップページ | マクラーレン、フライ氏(チーフ・エンジニア)離脱発表 »