« モナコGP、今回の予選は結局従前通りの方式で | トップページ | 「モナコでのスピード差は危険」と、ハミルトン指摘 »

2010/05/12

ハミルトン(マクラーレン)のアクシデント、タイヤは無実

McLaren『MP4-25』(C)McLaren Group
拡大します
スペインGP決勝レース終盤に起きたルイス・ハミルトンのアクシデントについて、マクラーレン・チームは「原因はホイールリムにあった」との見解をまとめた。

左フロントタイヤが突然ブローしたこのアクシデントについては、当初タイヤ自体がバーストしたとも推定されたが、チームはタイヤ供給者であるブリヂストンと共にイギリスのテクノロジー・センターで分析した結果、上記原因を特定したとのこと。

ただリムが損傷した原因が部品自体にあったとは考えにくく、ホイールナットが緩んでいたのか、あるいは他にもこのレースで多発した小石によるものなのかは現時点でわかっていないという。

|

« モナコGP、今回の予選は結局従前通りの方式で | トップページ | 「モナコでのスピード差は危険」と、ハミルトン指摘 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48338149

この記事へのトラックバック一覧です: ハミルトン(マクラーレン)のアクシデント、タイヤは無実:

» ハミルトンのトラブル [FASTEST LAP -Ameba-]
スペインGPの終盤、 突然左フロントタイヤがバーストしてリタイアしたハミルトンですが、 その原因はホイールリムの破損・・・だそうです。 外的要因なのか? 人為的要因?なんてのも疑われているようです。 マクラーレンが・・・というよりハミルトンにはこういう... [続きを読む]

受信: 2010/05/13 00:37

« モナコGP、今回の予選は結局従前通りの方式で | トップページ | 「モナコでのスピード差は危険」と、ハミルトン指摘 »