« ハミルトン(マクラーレン)、法廷不出頭を表明 | トップページ | レッドブル・オーナー、「冠スポンサー権、売る」 »

2010/05/25

マッサ、「フェラーリ残留最優先」とウェバー牽制

Felipe Massa (C)Ferrari S.p.A
拡大します
目下チャンピオンシップをリード、今季のタイトル候補に名乗り出たレッドブル・レーシングのマーク・ウェバーが、先に来季他チームへの移籍をほのめかしたことの影響が早くもライバル・チームへも飛び火しているようだ。

これは同じく2010年でチームとの契約が満了するとされるフェラーリのフェリッペ・マッサ(28歳:ブラジル)が語ったもので、ウェバーが加入することにより自らのシートが危うくなることを警戒したものとみられる。

「僕は長い間この跳ね馬チームにいて、チームのこともスタッフのことも知り尽くしているし、満足しているんだ。
だから僕の来年のプライオリティはもちろんこのチームに残留、というのが最優先になるよ。
もしもそれが叶わないときは?
考えてもいないけどね……」と、マッサ。

|

« ハミルトン(マクラーレン)、法廷不出頭を表明 | トップページ | レッドブル・オーナー、「冠スポンサー権、売る」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48452329

この記事へのトラックバック一覧です: マッサ、「フェラーリ残留最優先」とウェバー牽制:

« ハミルトン(マクラーレン)、法廷不出頭を表明 | トップページ | レッドブル・オーナー、「冠スポンサー権、売る」 »