« スペインGP、ウェバー(レッドブル)が今季初優勝遂げる | トップページ | FOTA、ブリヂストンに来季もF1残留要請か »

2010/05/10

ブリヂストン スペインGP決勝レースの模様

Mark Webber (C)Redbull Racing
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第5戦 スペインGP
2010年F1世界選手権 スペインGP 決勝
開催場所:バルセロナ 開催日:5月7日~5月9日

スペインGP決勝は、マーク・ウェバー選手(レッドブル・レーシング)が今季初の優勝を飾った。
2位に入った地元スペインのヒーロー、フェルナンド・アロンソ選手(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)との差は24秒だった。

ウェバー選手はソフト?ハードのタイヤ戦略でスタートからフィニッシュまで一度もトップを譲らない完璧な勝利だった。
アロンソ選手も同じタイヤ戦略だった。ベッテル選手は2回のピットストップを行い、ソフト?ハード?ソフトを使って3位でフィニッシュした。
ボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン選手が、59周目にハード・タイヤで1分24秒357のレースの最速ラップタイムを記録した。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「今季初優勝のマーク・ウェバー選手にお祝いを申し上げます。
ここスペインの素晴らしい観客に見守られる中、彼の勝利でヨーロッパラウンドは幕を開ける事になりました。
フェラーリから出走する初のスペインGPで表彰台に立つことができたフェルナンド・アロンソ選手にとっても、今日は最高の日になりました。
ブリヂストンにとっても、非常に素晴らしい週末でした。
ヨーロッパ諸国からの多数のゲストに加え、アメリカやブラジルからもゲストを迎えたことは、F1がビジネスツールとして大きな役割を担っていることの証明と言えるでしょう。
われわれの販売会社はF1活動の支援を続け、われわれのビジネスにおけるF1の重要性を証明しています。
この素晴らしいスポーツを支援してくださる全てのチームに誇りを感じています。
ここからモナコに直接向かいますが、次も素晴らしいレースになると思うので楽しみです」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部フェロー
「今日はピットストップのタイミングが重要な興味深いレースでした。これは、ルイス・ハミルトン、ミハエル・シューマッハ両選手が、ピットストップを通してポジションを上げたことでも分かります。マーク・ウェバー選手は最高のパフォーマンスを見せました。ここでは、レッドブルが2種類のコンパウンドに適したとても良いセットアップをしていました。今日はハードもソフト・コンパウンドも高い性能を発揮しましたし、金曜日の夜とは異なり、昨夜は雨が降らなかったため、路面コンディションもどんどん向上していきました。ハード・コンパウンドは一度温まると非常に安定したパフォーマンスを見せ、レース終盤の燃料が軽い時に記録されたレースの最速ラップタイムでもこのタイヤが使われていました。ソフト・コンパウンドはすぐに良いラップタイムを記録し、一般的に見られるよりも長い第1スティントを今日は走ることが可能でした。ルイス・ハミルトン選手に起こったアクシデントを解明するためにマクラーレンと協力して調査中ですが、現状ではタイヤの問題が原因ではないと思います」


|

« スペインGP、ウェバー(レッドブル)が今季初優勝遂げる | トップページ | FOTA、ブリヂストンに来季もF1残留要請か »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48321099

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン スペインGP決勝レースの模様:

» F1スペインGP(2010 R5) [UKYOのつぶやき]
F1第5戦スペインGP!! [続きを読む]

受信: 2010/05/10 12:00

« スペインGP、ウェバー(レッドブル)が今季初優勝遂げる | トップページ | FOTA、ブリヂストンに来季もF1残留要請か »