« メルセデスGPの『Fダクト』スペインGPには間に合わず | トップページ | FIA、フェラーリのエンジン改良申請を承認 »

2010/05/05

FOTA、『独立系KERSシステム』の採用を検討

Image (C)Redbull Racing
拡大します
一度は断念に追い込まれたF1の「KERS」(運動エネルギー回収システム)だが、2011年シーズンからの再導入に向けF1チームの集まりであるFOTA(フォーミュラワン・チーム・アソシエーション)が新たな提案を検討していることがわかった。

それによれば、早期の導入を図るには、各チーム別個の開発でなく独立したメーカーによるシステムを採用すべきというもの。
具体的には、2007年当時からホンダと共に開発を続けていた『フライブリッド社』のものが念頭にあるとされる。

今後各チーム間の同意が得られるかは不透明だが、折りからの地球規模でのエコロジーブームの中、F1も積極的な姿勢をみせる必要に迫られているのは事実だ。

|

« メルセデスGPの『Fダクト』スペインGPには間に合わず | トップページ | FIA、フェラーリのエンジン改良申請を承認 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48272157

この記事へのトラックバック一覧です: FOTA、『独立系KERSシステム』の採用を検討:

» KERS開発はフライブリッド・システム社? [F1 2010]
2011年からKERSの使用に向けてFOTAが話し合いを設けるとのこと 独自に開発するよりも独立したメーカーに開発してもらったほうがいいだろうという話もあり どうやら 2007年からHondaとともに開発をしていた フライブリッド・システム社が名乗りを上げたとのこと ただフェラーリやルノーは自前のシステムをカスタマー供給したい考えがあり ウィリアムズも独自のものを開発していたことを考えると まだ少... [続きを読む]

受信: 2010/05/07 03:01

« メルセデスGPの『Fダクト』スペインGPには間に合わず | トップページ | FIA、フェラーリのエンジン改良申請を承認 »