« ミシュラン、F1タイヤの規格変更を要望? | トップページ | 予選最高位:小林可夢偉(ザウバー)、「ポイント獲得へ」 »

2010/04/03

予選Q1敗退ハミルトン(マクラーレン)、「判断誤った」

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
前戦オーストラリアGPでは思わぬ予選Q2敗退を喫したマクラーレン・チームのルイス・ハミルトン(24歳:イギリス)だったが、今回はなんと誰もが予想しなかったQ1で脱落という結果に、落胆を隠せない様子だ。

「僕たちは走り始めるのが余りにも遅かった。
今回のことはそれに尽きるよ。
チームはコンディションが回復するとみて、僕たち(ハミルトン&バトン)に停滞を指示したんだ。
もう雨は上がると判断したんだね。
でも、現実はそうならなかった……
この週末はこれまで最高にうまくいっていて、まさか予選でこんなことになるなんて考えもしなかったよ。
でもこうなったのは事実だから仕方ない。
明日のレースでこのポジションから巻き返すのは実に大変なことだと思うけれど、ベストを尽くすしかないね」

さらにハミルトンは「ライバル3人とも一緒だから」と、付け加えた。
フェラーリの二人も共にQ1で敗退しているからだ。

|

« ミシュラン、F1タイヤの規格変更を要望? | トップページ | 予選最高位:小林可夢偉(ザウバー)、「ポイント獲得へ」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47986484

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q1敗退ハミルトン(マクラーレン)、「判断誤った」:

« ミシュラン、F1タイヤの規格変更を要望? | トップページ | 予選最高位:小林可夢偉(ザウバー)、「ポイント獲得へ」 »