« ブリヂストン 中国GP決勝レースの模様 | トップページ | 0周リタイヤの小林可夢偉(ザウバー)、「残念の一語」 »

2010/04/19

審議対象のハミルトンは戒告処分に留まる

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
中国GPのレーススチュワード(競技審査委員)は、決勝レース中にピットレーンで起きたベッテル(レッドブル)とハミルトン(マクラーレン)の「危険なバトル」について、レース後関係者を交えて審議を行った結果、両者に戒告処分を下すことで結着した。

これにより、実質具体的なペナルティは科せられることなくハミルトンの2位入賞が確定することとなった。
なお今回のレーススチュワードには、従来の審査委員(レース経験を持たない)に加え、ベテランのアレクサンドル・ブルツも加わって構成されていた。

|

« ブリヂストン 中国GP決勝レースの模様 | トップページ | 0周リタイヤの小林可夢偉(ザウバー)、「残念の一語」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48124933

この記事へのトラックバック一覧です: 審議対象のハミルトンは戒告処分に留まる:

« ブリヂストン 中国GP決勝レースの模様 | トップページ | 0周リタイヤの小林可夢偉(ザウバー)、「残念の一語」 »