« フェラーリ・エンジンに問題点浮上か? | トップページ | 『KERS』システム、2011年から再導入へ »

2010/04/06

エクレストン氏、「雨に降られたのは幸運だった」

Bernie Ecclestone (C)RedBull Racing
拡大します
スペクタクルな展開で評判の良かったマレーシアGP決勝レースだが、バーニー・エクレストン氏は、「予選で雨に降られたのが幸運だった」と、冷静な見方を示している。

これは英『デイリー・テレグラフ』に語ったもので、その中でこのF1総帥は「確かに今回のレースは面白かったが、これは予選が雨に降られて思わぬグリッドになったためだ。
もちろんこのようなオーバーテイクは望ましいことだが、さりとてF1にリバースグリッドを必要としている訳ではない。
今回はたまたま幸運だっただけ。
エキサイティングなレースを作り出すため、われわれはまだ何かをしなければならないのは明らかだ」と、語っている。

そのためには「フロントウィングをより小さくすること」、「Wディフューザーを撤廃すること」が必要と、同氏は指摘した。

|

« フェラーリ・エンジンに問題点浮上か? | トップページ | 『KERS』システム、2011年から再導入へ »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48011943

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、「雨に降られたのは幸運だった」:

« フェラーリ・エンジンに問題点浮上か? | トップページ | 『KERS』システム、2011年から再導入へ »