« フリー走行2回目はハミルトン(マクラーレン)トップ | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「いつも通りの金曜日」 »

2010/04/17

エクレストン氏、ロシアGPの可能性進捗認める

Sochi Image
再三噂に上がっては消滅を繰り返したロシアGPの開催だが、今シーズンF1デビューを果たしたロシア人ドライバー、ヴィタリー・ペトロフ(25歳:ルノー)の健闘もあって気運が盛り上がっていて、いよいよ具現化することになりそうだ。

現在中国GPが行われている上海サーキットを訪れたFOM(フォーミュラ・ワン・マネージメント)のバーニー・エクレストン代表は、その開催地候補としてこれまでのモスクワではなくソチになる可能性も示唆した。

ソチはロシアを代表する保養地で、2014年に開催される次期冬季オリンピックの開催地になっていることで知られる。
いずれにせよ現在のロシア政府による後押しが続けば、ロシアGPは間違いなく実現することになるだろう。

|

« フリー走行2回目はハミルトン(マクラーレン)トップ | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「いつも通りの金曜日」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48105241

この記事へのトラックバック一覧です: エクレストン氏、ロシアGPの可能性進捗認める:

« フリー走行2回目はハミルトン(マクラーレン)トップ | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「いつも通りの金曜日」 »