« 苦戦シューマッハ(メルセデスGP)に相次ぐ擁護発言 | トップページ | サンタンデル、アロンソの親指に1千万ユーロの保険 »

2010/04/27

F1チーム、新エンジン規定合意に近づく

Renault F1 Engine (C)Renault F1 UK
拡大します
現行のエンジン・レギュレーションは2012年シーズンまでとされていて、翌2013年からの新しい規定について検討が続けられているが、どうやら各チームの間で合意に近づいているようだ。

まだ詳細についての発表はないが、スペイン・バルセロナのスポーツ紙『エル・ムンド・デポルティボ』によれば、2013年まで凍結されたままの2.4リッターV8エンジンは、その後さらに少ない燃料で同等の出力を持つものへの変更が計画されていて、「KERS」(運動エネルギー回収システム)を含んだ『ツインターボを備えた4気筒1.5リッター直噴エンジン』で合意に至ったと報じている。

|

« 苦戦シューマッハ(メルセデスGP)に相次ぐ擁護発言 | トップページ | サンタンデル、アロンソの親指に1千万ユーロの保険 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48194338

この記事へのトラックバック一覧です: F1チーム、新エンジン規定合意に近づく:

» F1にターボエンジン復活か? [Kyan's BLOG IV]
新しいエンジン規定が合意間近 | Formula 1 | F1ニュース | ESPN F1スペインの『El Mundo Deportivo(エル・ムンド・デポルティーボ)』紙は主要項目としては4気筒... [続きを読む]

受信: 2010/04/27 13:46

» ツインターボを備えた4気筒1.5リッター直噴エンジンって [F1 2010]
2013年からのエンジン開発に向けて協議がされほぼ合意されつつあるとのことで 4気筒で1.5リッター、ツインターボと直噴のエンジンにするらしい ターボがつくらしいけど小さくなり続けることはいいのだろうか? 寂しくなるな エンジンサウンドコレクション 完成品 1... イワヤ F1 トリプルバトル 【PCエンジン】 ヒューマン F1テクノロジーの最前線... 檜垣 和夫 F1 (エフワン) 速報 2... [続きを読む]

受信: 2010/04/27 20:46

» 1.5Lターボが復活? [郷秋の独り言]
 現行のF1のエンジンはレギュレーションでV8自然吸気の2.4Lと定められている。これは2012年までの決まりであり2013年以降のレギュレーションは現在策定作業中のはずなのであるが、既に1.5Lターボに決まったとの情報も。この情報が正しければ、かつてホンダが無敵を誇った1.5Lターボが復活することになるのだが、当時のV6に対してL4(直列4気筒)でターボチャージャーは2つ付くらしい。しかし、L4にツインターボって、なんか良く判らない。  この情報を聞いて喜んでいるのはホンダの社員だったりして。「... [続きを読む]

受信: 2010/04/27 22:01

« 苦戦シューマッハ(メルセデスGP)に相次ぐ擁護発言 | トップページ | サンタンデル、アロンソの親指に1千万ユーロの保険 »