« ブエミのアクシデント、トロ・ロッソに打撃 | トップページ | エクレストン氏、ロシアGPの可能性進捗認める »

2010/04/16

フリー走行2回目はハミルトン(マクラーレン)トップ

Lewis Hamilton (C)McLaren Group
拡大します
中国GPフリー走行初日、2回目セッションはマクラーレンのルイス・ハミルトンがトップタイムを記録して終えた。
2番手はここでもメルセデスGPのロズベルグ、3番手は午前のハミルトンと入れ替わってチームメイトのバトン、4番手は変わらずメルセデスGPのシューマッハがつけた。

また優勝候補のレッドブル勢は5-6番手にベッテル&ウェバーの順、7番手はトロ・ロッソのスーティルが、また8番手には出走が危ぶまれたフォース・インディアのアルグエルスアリが快走。
午前のアクシデントは、ブエミのマシンだけのケースと判明、アルグエルスアリはセッション開始から順調にタイムを刻んでみせた。
一方、ブエミのほうはガレージ内での作業が続き、結局このセッションは走れず仕舞いだった。
9番手はルノーのクビサ、フェラーリ勢はアロンソ-マッサの順で10-11番手、ザウバー・チームはデ・ラ・ロサ-小林可夢偉の順で13-14番手だった。

中国GPフリー走行2回目の結果はこちら
中国GP画像はこちら

|

« ブエミのアクシデント、トロ・ロッソに打撃 | トップページ | エクレストン氏、ロシアGPの可能性進捗認める »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/48100619

この記事へのトラックバック一覧です: フリー走行2回目はハミルトン(マクラーレン)トップ:

» 第4戦中国GPフリー走行2回目 [F1 2010]
第4戦フリー走行2回目が終了 フリー走行1回目でブエミがマシントラブルで大クラッシュ フリー走行2回目は走れなかった 1 2 L.ハミルトン GBR McLaren Mercedes B 1:35.217 206.093 26 2 4 N.ロズベルグ GER Mercedes Benz GP B 1:35.465 0.248 22 3 1 J.バトン GBR McLaren Mercedes B ... [続きを読む]

受信: 2010/04/17 02:07

« ブエミのアクシデント、トロ・ロッソに打撃 | トップページ | エクレストン氏、ロシアGPの可能性進捗認める »