« 小林可夢偉(ザウバー)、辛くもQ1を突破 | トップページ | 2010年最初のポールはベッテル(レッドブル)の手に »

2010/03/13

予選Q2はベッテル(レッドブル)がトップで通過

予選Q2が終了。
このセッションでトップタイムをマークしたのはベッテル(レッドブル)でただ一人ベストタイムを1分53秒台に入れた。
2番手にフェラーリのアロンソ、3番手レッドブルのウェバー、4番手フェラーリのマッサ、5番手メルセデスGPのロズベルグ、6番手マクラーレンのハミルトン、7番手ルノーのクビサ(ルノー)、8番手フォース・インディアのスーティル、9番手メルセデスGPのシューマッハ、そして10番手がマクラーレンのバトンでここまでの10台が最終ピリオドに進出した。

脱落したのはウィリアムズのバリチェッロ、フォース・インディアのリウッツィ、ウィリアムズのヒュルケンバーグ、ザウバーのデ・ラ・ロサ、トロ・ロッソのブエミ、ザウバーの小林可夢偉、そしてルノーのペトロフの7台となった。

この後いよいよ2010年シーズン最初のポールポジションを賭けて最後のアタックがスタートする。

|

« 小林可夢偉(ザウバー)、辛くもQ1を突破 | トップページ | 2010年最初のポールはベッテル(レッドブル)の手に »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47801627

この記事へのトラックバック一覧です: 予選Q2はベッテル(レッドブル)がトップで通過:

« 小林可夢偉(ザウバー)、辛くもQ1を突破 | トップページ | 2010年最初のポールはベッテル(レッドブル)の手に »