« 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える | トップページ | レッドブルのスパークプラグはチャンピオン? »

2010/03/16

ベッテル(レッドブル)のトラブルはスパークプラグ

Sebastian Vettel (C)Redbull Racing
拡大します
開幕戦バーレーンGP決勝レースで、終盤までレースをリードしながらも、痛恨のマシントラブルで結局表彰台を逃がしたレッドブル・レーシングのセバスチャン・ベッテル(22歳:ドイツ)だったが、その原因は当初言われていたようなエクゾースト部分の破損ではなく、エンジンのスパークプラグの不良だったことが明らかとなった。

それによれば1本のスパークプラグの不良からエンジンのミスファイヤを引き起こしたものだが、幸いエンジン本体には損害がなかったという。

しかしながらベッテル本人は、「4位フィニッシュは悪いものではないけれど、僕はスタートから十分にレースをコントロールしていて、当然勝つべき筈だったんだから……」と、強気な男らしく悔しさを隠さなかった。

|

« 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える | トップページ | レッドブルのスパークプラグはチャンピオン? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47823928

この記事へのトラックバック一覧です: ベッテル(レッドブル)のトラブルはスパークプラグ:

» ベッテルのトラブル [FASTEST LAP -Ameba-]
バーレーンGPでトップを快走しながらもエキゾーストのトラブルで4位に終わったベッテル・・・ と言われていましたが、 実はエキゾーストの問題ではなくプラグの不具合だったようです。 プラグなんて、レース中に不具合出るものなんですね・・・ たまたま品質が悪かっ... [続きを読む]

受信: 2010/03/16 08:03

« 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える | トップページ | レッドブルのスパークプラグはチャンピオン? »