« ブリヂストン、「タイヤに優しいのはザウバー」 | トップページ | 酷評にもかかわらず、K.チャンドク自信みせる »

2010/03/10

スターリング・モス氏、両足骨折の事故に遭う

Mercedes SLR McLaren Stirling Moss (C)McLaren Group
拡大します
F1レジェンドであるサー・スターリング・モス氏(80歳:イギリス)が、両足を骨折するという事故に遭ったことがわかった。

自身の公式サイトで伝えられたところによれば、先週末ロンドンの自宅ビルでエレベーターに乗り込もうとした際にドアが開いたにもかかわらずゴンドラがなく、3階から1階まで転落する事故に見舞われたという。
この事故でモス氏は両足の骨折に加え脊椎をも損傷する重傷を負ったということだが、その後の容態は良好というで、現在はロンドン市内の病院に入院しているとのことだ。
なお手術はF1ドクターで知られる知友のシド・ワトキンス博士が担当したという。

F1草創期の1951年にHWMというマシンでF1デビューを果たしたモス氏は、その後メルセデスやマセラティ、バンウォール、クーパー、ロータスなどで勝利を重ねたが(通算16勝)、ついにチャンピオンを獲得することはなく『無冠の帝王』と敬意を持って讃えられた。
その功績を讃え、メルセデスでは同氏の名前を冠したスーパーカーを発表している。

|

« ブリヂストン、「タイヤに優しいのはザウバー」 | トップページ | 酷評にもかかわらず、K.チャンドク自信みせる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47771843

この記事へのトラックバック一覧です: スターリング・モス氏、両足骨折の事故に遭う:

« ブリヂストン、「タイヤに優しいのはザウバー」 | トップページ | 酷評にもかかわらず、K.チャンドク自信みせる »