« アロンソ(フェラーリ)、2010年開幕戦バーレーンGPを制す | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ギヤシフトできなくなった」 »

2010/03/15

ブリヂストン バーレーンGP決勝レースの模様

Fernaodo Alonso (C)Ferrari S.p.A
拡大します
2010 FIA Formula One World Championship 第1戦 バーレーンGP
2010年F1世界選手権 バーレーンGP 決勝
開催場所 : バーレーン  開催日 : 3月12日 ~ 3月14日

距離が延長された新しいレイアウトのサクヒール・サーキットで開催された2010年シーズン開幕戦バーレーンGP決勝は、スーパーソフト・ミディアムのタイヤ戦略で戦ったフェルナンド・アロンソ(スクーデリア・フェラーリ・マールボロ)が力強い勝利を飾った。

アロンソに続く2位でフィニッシュラインを越えたのはチームメイトのフィリペ・マッサで、フェラーリの1?2フィニッシュとなった。
3位はボーダフォン・マクラーレン・メルセデスのルイス・ハミルトン。上位3人は全員同じタイヤ戦略だった。

安川ひろし (株)ブリヂストン モータースポーツ推進室長
「新しいレイアウトのサクヒール・サーキットで開催されたバーレーンGPは、最後のチェッカーフラッグまで最高のバトルが展開され、ブリヂストンはF1参戦14シーズン目のスタートを素晴らしい形で切ることができました。
優勝者のフェルナンド・アロンソ、そして今日1-2フィニッシュを果たしたフェラーリにお祝いを申し上げます。
また、初のレースで素晴らしい走りを見せたロータスもよくやったと思います。
新レギュレーションは全チームにとっての素晴らしい挑戦になると同時に、世界中のTV視聴者にとてもエキサイティングなシーズン開幕戦を提供しました」

浜島裕英 (株)ブリヂストン MS・MCタイヤ開発本部長
「今日のタイヤのパフォーマンスに我々は非常に満足しています。
今日は新レギュレーションの下で開催される初めてのレースでしたので、どんなレースになるかは誰にも予想がつきませんでした。
レース序盤、セバスチャン・ベッテルがスーパーソフトを非常にうまく使い、予選で使った同じタイヤをトップグループの中でも一番長く持たせることができました。
フェルナンド・アロンソはとても賢明にレースを戦い、優勝を果たしました。
レース終盤に最速ラップタイムを記録するなど、とてもうまくタイヤをマネージしたところを見せました。
フィリペ・マッサが表彰台に戻ってきたこともうれしかったです。
今回の燃料補給を行わない初めてのレースでは、予想通り、タイヤのマネージメントが非常に重要になりました。
タイヤへの負担を軽減できたクルマとドライバーが、良いパフォーマンスを長く継続できるというレースでした。
19戦を戦う今シーズンの第1戦が終わったばかりです。
今シーズンの最高のタイヤ戦略を見出すには、まだまだ学ぶことがたくさんあると思います。
今後のレースで最高のパフォーマンスを発揮できる秘密をチームが探り出していくのが楽しみですね」


|

« アロンソ(フェラーリ)、2010年開幕戦バーレーンGPを制す | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ギヤシフトできなくなった」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47815203

この記事へのトラックバック一覧です: ブリヂストン バーレーンGP決勝レースの模様:

» F1バーレーンGP(2010 R1) [UKYOのつぶやき]
F1開幕戦バーレーンGP [続きを読む]

受信: 2010/03/15 10:34

« アロンソ(フェラーリ)、2010年開幕戦バーレーンGPを制す | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「ギヤシフトできなくなった」 »