« イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 | トップページ | スパフランコルシャンの連絡トンネルが崩落 »

2010/03/23

ステファンGP、トヨタとの提携終了を正式発表

Zoran Stefanovich (C)Stefan Grand Prix
拡大します
旧トヨタF1チームの機材と技術を踏襲しF1新規参戦を狙っていたゾラン・ステファノヴィッチ氏率いるステファンGPだったが、今シーズン参戦の道が正式に閉ざされたことを受け、トヨタとの提携も終了となることが正式発表された。

発表にあたり同氏は、「残念ながら、今シーズンの参戦が不可能となり、これまでの計画は白紙に戻ることになった。
これまでわれわれの計画に手を貸してくれたトヨタには心から感謝している。
短い間ではあったが、ケルンでのトヨタとの共同作業はわれわれに新たな感動を呼び起こす新鮮なものだった。
今後は新しい計画の元、また第一歩を踏み出したい」と、語っている。

ステファンGPは2011年シーズンに設けられたもう一つの新規参戦枠獲得を目標に、独自に再エントリーするものとみられている。

|

« イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 | トップページ | スパフランコルシャンの連絡トンネルが崩落 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47884809

この記事へのトラックバック一覧です: ステファンGP、トヨタとの提携終了を正式発表:

» ステファンGPとTOYOTA [FASTEST LAP -Ameba-]
2010年のF1参戦が夢と終わってしまったステファンGPですが、 2011年に向けて参戦活動は続けるようなんですが、 この2010年の参戦断念を受けて、一旦トヨタとの契約を解除したようです。 一旦・・・なのか?これで終わり・・・なのか、よく分かりませんが、 これで終わ... [続きを読む]

受信: 2010/03/23 07:42

» ステファンGPとトヨタTMGの提携終了でどうなる・・・・ [[246]ログ]
トヨタF1のマシンと設備を購入し、今季参戦を目指して努力を続けていた、セルビアの... [続きを読む]

受信: 2010/03/23 11:12

» F1(5464) まぁ~くんの夢は破れたか!?(笑) [戀は糸しい糸しいと言う心]
           レースドライバーにほぼ確定していた中嶋一貴、ステファンGP [続きを読む]

受信: 2010/03/23 11:45

» 関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川 [関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川 ]
関東 東京 アルバイト募集探し求人情報 バイト【短期・日払いバイト女性】横浜・千葉・埼玉・神奈川 [続きを読む]

受信: 2010/03/23 12:20

» ステファンGPは独自エントリー [F1 2010]
2010シーズン参戦に向けて提携したステファンGPとTOYOTAだったが 参戦できず提携を解消したとのこと 「残念ながら、今シーズンの参戦が不可能となり、これまでの計画は白紙に戻ることになった。これまでわれわれの計画に手を貸してくれたトヨタには心から感謝している。短い間ではあったが、ケルンでのトヨタとの共同作業はわれわれに新たな感動を呼び起こす新鮮なものだった。今後は新しい計画の元、また第一歩を踏... [続きを読む]

受信: 2010/03/23 23:46

» 第2戦、オーストラリア金曜日は雨? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
第2戦、オーストラリア金曜日は雨? 第2戦が行われる、オーストラリア・アルバートパークは金曜日小雨の予報?第2戦を前にザウバーの小林可夢偉は、TOYOTAのシュミレーターで一足先にアルバートパークを走行? ステファンGPとの提携が解消された旧TOYOTAファクトリ...... [続きを読む]

受信: 2010/03/24 00:46

» 第2戦、オーストラリア金曜日は雨? [Station-wagon<ステーションワゴン>]
第2戦、オーストラリア金曜日は雨? 第2戦が行われる、オーストラリア・アルバートパークは金曜日小雨の予報?第2戦を前にザウバーの小林可夢偉は、TOYOTAのシュミレーターで一足先にアルバートパークを走行? ステファンGPとの提携が解消された旧TOYOTAファクトリ...... [続きを読む]

受信: 2010/03/24 01:20

« イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 | トップページ | スパフランコルシャンの連絡トンネルが崩落 »