« 緒戦優勝のアロンソ、「すべてのスタッフに感謝」 | トップページ | 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える »

2010/03/15

FIA(国際自動車連盟)、来季『107%ルール』導入に前向き

Race Battle (C)Renault F1 UK
拡大します
今回のバーレーンGP公式予選では全車が参加したQ1でのタイム差が1位と最下位では9.875秒もの開きがあった。
これは割合にすると実に108.58%という巨大なものになる。
このためFIA(国際自動車連盟)では、来シーズンから再び『107%ルール』の適用を考慮していることを明らかにした。

F1では2002年シーズンまで『107%ルール』というものがあり、ポールポジションを獲得したマシンのタイムから7%を加えたタイムを決勝レース進出の基準として、クリアできない場合にはレースに出ることができなかったもの。
仮に今回これを当てはめると、セナとチャンドク、ヒスパニア・レーシング二人のドライバーは予選落ちになったことになる。

ただ今回、同チームは他車のバトルを妨げないよう細心の注意を払った走行を心掛け、他チームから特に非難の声などは聞かれなかったようだ。

|

« 緒戦優勝のアロンソ、「すべてのスタッフに感謝」 | トップページ | 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47815681

この記事へのトラックバック一覧です: FIA(国際自動車連盟)、来季『107%ルール』導入に前向き:

» F1(5452) “107%ルール” 復活か!? [戀は糸しい糸しいと言う心]
          2002年までは、予選ポールポジションタイムから107%以上 [続きを読む]

受信: 2010/03/15 09:09

» [F1]予選の107%ルールが復活? [試行錯誤のすぱいらる]
予選の107%ルールが復活するかもしれません。 ジャン・トッド、バーニー・エクレストン両氏も導入に前向きな姿勢を見せているようです。 今回のバーレーンGP公式予選では全車が参加したQ1でのタイム差が1位と最下位では9.875秒もの開きがあった。 これは割合にすると... [続きを読む]

受信: 2010/03/15 11:06

» 107%ルール復活か [FASTEST LAP -Ameba-]
以前、まだミナルディが参戦していた頃に107%ルールというのがありました。 これは、あまりにも遅いマシンをレースに参加させるのは如何なものか・・・ということから始まったルールでしたが、 最近の予選方式の変更で、燃料搭載量が多くなったりして適用されていません... [続きを読む]

受信: 2010/03/16 00:18

« 緒戦優勝のアロンソ、「すべてのスタッフに感謝」 | トップページ | 佐藤琢磨のインディカー緒戦はクラッシュで終える »