« ヒスパニア・レーシング代表、「次は初完走が目的」 | トップページ | イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 »

2010/03/22

ポール・ストゥダート氏、「F1に戻る意志ない」

Paul Stoddart (C)Ex.Minardi S.p.A
拡大します
元ミナルディ・チーム(現トロ・ロッソ)の代表で、ワークスチーム全盛の中、果敢にプライベートチームを率いて戦ったポール・ストゥダート氏(54歳:オーストラリア)だが、FIA(国際自動車連盟)が示した新規参戦チーム募集にも関心を示すことはないようだ。

折りしもF1は今週ストゥダート氏の母国オーストラリアGP。
現在も航空会社を経営してビジネスマンとして順調な人生を送っている同氏は、「残念ながら今の私はF1にそんな興味を持っていないんだ。
F1が純粋なスポーツの世界だとは思わない。
私は争ったモズレー(前FIA会長)はもういないけれど、あんな政治交渉はもうコリゴリさ。
今はこうして純粋なビジネスの社会にいることに十分満足しているよ」と、地元の『ヘラルド・サン』紙に語っている。

|

« ヒスパニア・レーシング代表、「次は初完走が目的」 | トップページ | イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ポール・ストゥダート氏、「F1に戻る意志ない」:

« ヒスパニア・レーシング代表、「次は初完走が目的」 | トップページ | イプシロン・ユースカディ、2011年の新規参戦表明 »