« ヴァージン・レーシング、タンク容量不足認める | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップの改善が課題」 »

2010/03/27

ペトロフ(ルノー)ら3人、ピットレーン速度違反で罰金

Vitaly Petrov (C)Renault F1
拡大します
26日(金)行われたオーストラリアGPのフリー走行初日、早くも3人のドライバーがピットレーン速度違反で罰金を科せられたことがわかった。
速度違反を犯したのはルノーのペトロフ、ヒスパニアのセナ、そしてフォース・インディアのスーティル3人。

フリー走行セッションでのピットレーン制限速度は60キロとなっていて、これをオーバーすると1キロ毎に200ユーロ(約24,800円)。
今回ペトロフには7,000ユーロ(約86万8千円:35キロオーバー相当)、セナとスーティルにはそれぞれ1,600ユーロ(約19万8千円)が科せられたということだ。

なお、ピットレーン制限速度は通常公式予選、決勝レース時には80キロ、ないし100キロに引き上げられるが、今回FIA(国際自動車連盟)のチャーリー・ホワイティング/レースディレクターは安全性の観点からフリー走行と同じく60キロに留めることを発表している。

|

« ヴァージン・レーシング、タンク容量不足認める | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップの改善が課題」 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ペトロフ(ルノー)ら3人、ピットレーン速度違反で罰金:

« ヴァージン・レーシング、タンク容量不足認める | トップページ | 小林可夢偉(ザウバー)、「グリップの改善が課題」 »