« ヤス・マリーナ・サーキット、アブダビ政府に売却 | トップページ | 佐藤琢磨 インディカーシリーズ参戦を発表 »

2010/02/18

不調ヴァージン『VR-01』、「原因は突き止めた」

Timo Glock (C)Virgin Racing
拡大します
期待のヴァージン・レーシングの新型車『VR-01』だったが、17日(水)のテストはいきなりトラブルが発生。
この日ドライブしたティモ・グロックの周回はわずか10ラップに留まることとなった。

このトラブルについて同チームのニック・ワース/テクニカル・ディレクターは、「ハイドロリック系のトラブルだったので、トラブルを解明するまで時間が掛かってしまった。
最終的に時間がなくなってしまったものの原因はわかっているので今夜中に対策はできる。
明日の走行には差し支えない」と、自信をみせた。

いまのところ明日もグロックが引き続きステアリングを担当する予定になっている。

|

« ヤス・マリーナ・サーキット、アブダビ政府に売却 | トップページ | 佐藤琢磨 インディカーシリーズ参戦を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47599078

この記事へのトラックバック一覧です: 不調ヴァージン『VR-01』、「原因は突き止めた」:

« ヤス・マリーナ・サーキット、アブダビ政府に売却 | トップページ | 佐藤琢磨 インディカーシリーズ参戦を発表 »