« ヘレステスト2日目、小林可夢偉(ザウバー)が最速!(2/11) | トップページ | F1復帰話が渦中のラルフ、負傷で手術受けていた »

2010/02/12

T.グロック(ヴァージン)、弱小チームの悲哀

Timo Glock (C)Virgin Racing
拡大します
英国有数の多国籍企業であるヴァージン・グループが資本参加、満を持して参加した筈のヘレス合同テストだったが、初日の5ラップに続き、2日目の11日(木)もマシントラブルから赤旗中断の原因を作った挙げ句、わずか11ラップの周回に留まったヴァージン・レーシングでは、ステアリングを担当したティモ・グロック(27歳:ドイツ)が弱小チームの悲哀を味わっているようだ。

「走行中、何の前触れもなく突然フロントウィングが破損して散らばってしまったんだ。
チームの説明によれば取り付け部分の不具合ということだけど、代替のパーツがなくその後は走ることすらできなかった。
他チームのマシンが走るのを見ているだけというのはつらいね。
明日はなんとかテストに復帰したいと願っているんだけど……」と、心許ないコメント。

昨年まで在籍したメーカーチーム・トヨタでは考えられないトラブルの続出に、さすがにグロックも環境の違いを感じざるを得ないようだ。

|

« ヘレステスト2日目、小林可夢偉(ザウバー)が最速!(2/11) | トップページ | F1復帰話が渦中のラルフ、負傷で手術受けていた »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47544518

この記事へのトラックバック一覧です: T.グロック(ヴァージン)、弱小チームの悲哀:

» ボロが出た?VR-01 [FASTEST LAP -Ameba-]
ヘレステスト二日目の午前中の走行で、 ヴァージンのVR-01のフロントウィングが脱落!というトラブルが発生したそうです。 やっぱり実際に走って見て出てくる不具合ってのもあるのでしょうが、 替えのパーツが無くてテストは中断。 やっぱり実車テストは必要・・・っ... [続きを読む]

受信: 2010/02/12 07:57

« ヘレステスト2日目、小林可夢偉(ザウバー)が最速!(2/11) | トップページ | F1復帰話が渦中のラルフ、負傷で手術受けていた »