« ギヤボックス・トラブルにもウィリアムズ首脳動じず | トップページ | ヘレス合同テスト、今週も好天候期待できず »

2010/02/15

『イタイパバ』、最高のスポンサー対費用効果

商業調査の『ROI』によれば、昨シーズンのF1でもっとも高い対費用効果を挙げたスポンサーは、ブラジルGPでブラウンGPチームのスポンサーになった『イタイパバ』であったという。

それによれば地元ブラジルのビール会社である『イタイパバ』は、このレースにわずか50万ドル(約4500万円)でスポットのスポンサー契約を締結。
世界的にほとんど無名だった同社だったが、『ROI』の計算によればこのレースで繰り返しテレビ画面に映った広告効果は実に430万ドル(3億8700万円)にも及ぶものになったということだ。
これはフェラーリ・チームの主要スポンサーである『エティハド航空』と同程度とも報告されている。

|

« ギヤボックス・トラブルにもウィリアムズ首脳動じず | トップページ | ヘレス合同テスト、今週も好天候期待できず »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47573337

この記事へのトラックバック一覧です: 『イタイパバ』、最高のスポンサー対費用効果:

« ギヤボックス・トラブルにもウィリアムズ首脳動じず | トップページ | ヘレス合同テスト、今週も好天候期待できず »