« シューマッハの予想、「4強によるタイトル争い」 | トップページ | 『イタイパバ』、最高のスポンサー対費用効果 »

2010/02/15

ギヤボックス・トラブルにもウィリアムズ首脳動じず

今シーズン、話題のコスワース・エンジン搭載搭載するチームの中で、際だった高い戦闘力と実績を持つウィリアムズ・チームだが、今回のヘレス合同テストでは思わぬギヤボックスのトラブルに見舞われた。

Sam Michael (C)Williams F1
拡大します
このためバリチェッロはテストを早めに切り上げざるを得なかったが、チームを率いるサム・マイケル/テクニカル・ディレクターはこの段階でのトラブルに動じてはいないようだ。

「残念ながら、マシントラブルのためにテストが打ち切りになったことは事実。
代替のパーツが用意されていなかったからね。
しかしこのギヤボックスはこれまでかなりの距離を走ったもので、そういう意味で決して信頼性が不足していたということでもない。
そもそもこうしたトラブルを重ね、開幕までにすべて洗い出しておくというのが開幕前テストの目的だからね」

ウィリアムズ・チームのように搭載エンジンが変更された場合、まず大きな変更個所になるのがこれに連結されるギヤボックスということになる。

|

« シューマッハの予想、「4強によるタイトル争い」 | トップページ | 『イタイパバ』、最高のスポンサー対費用効果 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47572372

この記事へのトラックバック一覧です: ギヤボックス・トラブルにもウィリアムズ首脳動じず:

« シューマッハの予想、「4強によるタイトル争い」 | トップページ | 『イタイパバ』、最高のスポンサー対費用効果 »