« 窮地のカンポス・メタF1に新たな投資家出現か | トップページ | ロータスF1、マレーシアのライセンスで参戦 »

2010/02/17

ロータスF1、新たに副代表2名を任命

Lotus Cosworth『T127』(C)Lotus Racing
拡大します
今シーズン、F1栄光のブランド名を引っさげて参戦する『ロータスF1レーシング』のトニー・フェルナンデス代表が、新たに二人の副代表を任命した。
任命されたのはいずれもこのチームに資本関係で貢献しているとみられるS.M.ナサルディ氏とカマルディン・メラヌン氏の2名。

ナサルディ氏はこのチームを支援するナザグループのCEO(最高経営責任者)。
またメラヌン氏のほうはフェルナンデス代表が所有する航空会社『エア・アジア』の副CEOだ。

ロータスF1は新規参戦チームの中では突出したヤルノ・トゥルーリ&ヘイキ・コバライネンという実力者コンビを擁し、今季の全19戦を戦うことになっている。

|

« 窮地のカンポス・メタF1に新たな投資家出現か | トップページ | ロータスF1、マレーシアのライセンスで参戦 »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ロータスF1、新たに副代表2名を任命:

» [F1]ロータス、マレーシア国籍で参戦 [試行錯誤のすぱいらる]
今年、新規参入を果たすロータスですが、イギリスではなくマレーシア国籍での参戦となるようです。 新規参戦チームのロータスは、マレーシアのASNのライセンスでチーム登録を行ない、マレーシア国籍のチームとして参戦することになった。 優勝した場合、マレーシア国... [続きを読む]

受信: 2010/02/17 10:33

« 窮地のカンポス・メタF1に新たな投資家出現か | トップページ | ロータスF1、マレーシアのライセンスで参戦 »