« レッドブルの新型車テストはまずウェバーの手で | トップページ | カンポス・メタF1、「まだ参戦に向け進捗中」 »

2010/02/06

ソフトタイヤ、2010年もグリーンラインで標示

Bridgestone F1 Tyre (C)Bridgestone Motorsports
拡大します
F1用タイヤは2010年シーズンもグリーンラインによりソフト側のタイヤであることを標示することがわかった。

これは今年もF1タイヤを独占供給するブリヂストン・モータースポーツの小林徹郎/テクニカル・マネージャーが明らかにしたもので、FIA(国際自動車連盟)との協議の結果、昨シーズンまでのやり方を踏襲することで合意したということだ。

一部のチームからはホワイトラインに変更という案も示されたというが、結局これまで通りのグリーンラインがベストという結論になったという。

今シーズンは参加台数が大幅増大することにより、ブリヂストンタイヤの負担もさらに増すことになりそうだ。

|

« レッドブルの新型車テストはまずウェバーの手で | トップページ | カンポス・メタF1、「まだ参戦に向け進捗中」 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47490451

この記事へのトラックバック一覧です: ソフトタイヤ、2010年もグリーンラインで標示:

« レッドブルの新型車テストはまずウェバーの手で | トップページ | カンポス・メタF1、「まだ参戦に向け進捗中」 »