« 特別扱い? シューマッハのGP2マシンテスト許可 | トップページ | チームUSF1、序盤の参戦免除を申請? »

2010/01/12

マクラーレン、エンジニア一新で再出発

McLaren Team Pit Gantry (C)McLaren Group
拡大します
ルイス・ハミルトン&ジェンソン・バトンという新旧チャンピオンを擁して2010年シーズンを戦うマクラーレン・チームでは、レースを戦う最前戦の責任者であるレース・エンジニアを共に変更、体制を一新して迎えることを明らかにした。

ブラウンGPでバトンのタイトル獲得を支えたエンジニアであるアンドリュー・ショブリンはマクラーレンへの移籍を断りそのままメルセデスGPに残留して2010年は新加入のミハエル・シューマッハのエンジニアを担当することになったため、ヤコブ・アンドレアソンがバトンを担当することになった。
またハミルトンのエンジニアもこれまでのフィル・プリューから昨年コバライネンを担当したアンディ・ラサムに変更されるという。

これについてジョナサン・ニール/マネージング・ディレクターは、「エンジニアの変更に留まらず、われわれは新しいシーズンの戦いを始めるにあたってすべての分野を見直している」と語っているが、昨シーズンの思わぬ不振から止むなく体制変更を強いられたようだ。

|

« 特別扱い? シューマッハのGP2マシンテスト許可 | トップページ | チームUSF1、序盤の参戦免除を申請? »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47270784

この記事へのトラックバック一覧です: マクラーレン、エンジニア一新で再出発:

« 特別扱い? シューマッハのGP2マシンテスト許可 | トップページ | チームUSF1、序盤の参戦免除を申請? »