« マクラーレン代表、「トヨタ継承チームなしは不思議」 | トップページ | ザウバー・チーム、2010年新型車『C29』を発表 »

2010/01/31

フェラーリ首脳、ディフューザー問題再発を懸念

McLaren 『MP4-25』(C)McLaren Group
拡大します
2010年期待のマシン『F10』を発表したばかりのフェラーリ・チームだが、同チームのアルド・コスタ/テクニカル・ディレクターは「ディフューザー問題の再発を懸念している」と、伊『ガゼッタ・デロ・スポルト』紙に語っている。

「昨シーズン当初、われわれはこの問題で大変不愉快な思いをしたが、私は今年もこれが再燃するのではないか、と懸念しているんだ。
これについてのレギュレーションは依然として明確ではなく、われわれはわれわれの解釈のもとで最大限許されるシステムを開発したつもりだが、ライバルはさらに解釈を推し進めた三重、四重のディフューザーを装着してくるかも知れないからね」

これまで正式発表されたフェラーリやマクラーレンらのものは、いずれも両側の高い位置にディフューザー出口が向けられている。

|

« マクラーレン代表、「トヨタ継承チームなしは不思議」 | トップページ | ザウバー・チーム、2010年新型車『C29』を発表 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47437197

この記事へのトラックバック一覧です: フェラーリ首脳、ディフューザー問題再発を懸念:

» アロンソが不気味・・・ [モータースポーツ F1への想い by KR]
アロンソがフェラーリへ移籍してから、今シーズンの フェラーリチームと新車の完成度に対して妙に慎重な発言が多いです。 アロンソというレーシングドライバーは、自身の発言に 細心の注意を払うタイプであると考えます。 パフォーマンス的なリップサービス....... [続きを読む]

受信: 2010/02/17 17:53

« マクラーレン代表、「トヨタ継承チームなしは不思議」 | トップページ | ザウバー・チーム、2010年新型車『C29』を発表 »