« ロータスF1、新ロゴマークをお披露目 | トップページ | アブダビGP、2009年『ベスト・プロモーター賞』受賞 »

2009/12/15

ロイズ、ヴァージン・レーシングに出資表明

Lloyds STB Logo (C)Lloyds STB

世界的な銀行グループであるロイズ傘下の『LDC』は、かねて伝えられた通り来シーズンから本格的にF1に関わることを表明した。
それによれば、2010年からF1参戦予定のヴァージン・レーシング(旧マノーGP)に対し、1千万ポンド(約14億5千万円)を投資、株式を取得するというもの。

旧マノーはフォーミュラ・ルノーやF3で長期に渡る確固たる実績があり、ルイス・ハミルトンやキミ・ライコネンらも在籍したことで知られる。

なおヨーロッパの銀行としては現在マクラーレン&フェラーリ両チームのスポンサーを務める『サンタンデル』が知られているが、イギリス政府も出資者であるロイズのF1参画は注目されそうだ。

|

« ロータスF1、新ロゴマークをお披露目 | トップページ | アブダビGP、2009年『ベスト・プロモーター賞』受賞 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47026215

この記事へのトラックバック一覧です: ロイズ、ヴァージン・レーシングに出資表明:

» F1(5313) ロイズ銀行 “F1参入!” [戀は糸しい糸しいと言う心]
          イギリスのロイズ銀行グループ傘下のLDC社は、ヴァージンレー [続きを読む]

受信: 2009/12/15 10:16

« ロータスF1、新ロゴマークをお披露目 | トップページ | アブダビGP、2009年『ベスト・プロモーター賞』受賞 »