« フェラーリ、『ドライバー・アカデミー』を開設へ | トップページ | K.ライコネン、WRC(世界ラリー選手権)転向は本気? »

2009/12/20

ブランソン/ヴァージン代表、「新規参戦チームは不利」

Richard Branson (C)Virgin GP Team
拡大します
マノーGPに資本参加、2010年ヴァージン・レーシングとして新規参戦を果たすヴァージン・グループのリチャード・ブランソン会長だが、FIA(国際自動車連盟)の示した予算制限は新規参戦チームに不利に働くと不満を示している。

「われわれは来年から大幅な活動資金の上限が設けられるというから新規の参戦を目指したんだ。
ところがここに来てFIA(国際自動車連盟)は大幅に後退し、既存のチームの言いなりになってそれをほとんど反古にしようとしている。
これではわれわれのような新規参戦チームは大幅な不利になってしまうことは明らかだ。
F1で費やすべきはただお金なのではなく、レースに勝つための情熱とそれに伴う困難な仕事のほうにある筈なんだがね」

|

« フェラーリ、『ドライバー・アカデミー』を開設へ | トップページ | K.ライコネン、WRC(世界ラリー選手権)転向は本気? »

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: ブランソン/ヴァージン代表、「新規参戦チームは不利」:

« フェラーリ、『ドライバー・アカデミー』を開設へ | トップページ | K.ライコネン、WRC(世界ラリー選手権)転向は本気? »