« ルノー、ジェニイ・キャピタルと共同運営に | トップページ | クビサのマネージャー、「契約白紙」もちらつかせる »

2009/12/17

レッドブル・レーシング、ルノー・エンジン搭載が確定

Renault F1 Engine (C)Renault F1 UK
拡大します
ルノー・チームのF1残留が確定したことに伴い、同社のエンジンを搭載して2009年シーズンを戦ったレッドブル・レーシングも、来季のルノー・エンジン搭載が確定した。

これを受け同チームのクリスチャン・ホーナー代表は、「2009年は6回の勝利を記録するなどわれわれレッドブル・レーシングにとって最良のシーズンだった。
そしてこの成功はルノーとのパートナーシップなくては成し得ないものだったのは明白だ。
いまその最重要パートナーとの関係継続が確認され、われわれはとても喜んでいる」と、語った。

レッドブル・レーシングは一時メルセデス・エンジンへのスイッチもささやかれたが、こちらはすでに3チームに供給していることもあり、結局実現することはなかった。

|

« ルノー、ジェニイ・キャピタルと共同運営に | トップページ | クビサのマネージャー、「契約白紙」もちらつかせる »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47042065

この記事へのトラックバック一覧です: レッドブル・レーシング、ルノー・エンジン搭載が確定:

» [F1]ルノー、株式の売却を発表、F1残留決定 [試行錯誤のすぱいらる]
参戦が危ぶまれていたルノーですが、大量の株式を売却することで残留することが決定しました。 売却先はジェニイ・キャピタルという投資会社とのこと。 ルノーとジェニイは、F1チームを共同で運営することになり、ルノーのチーム名とCI(コーポレートアイデンティティ... [続きを読む]

受信: 2009/12/17 13:27

« ルノー、ジェニイ・キャピタルと共同運営に | トップページ | クビサのマネージャー、「契約白紙」もちらつかせる »