« ステファンGP、F1テストで『新事業計画』? | トップページ | 2010年豪GP、タイトル・スポンサー獲得を模策 »

2009/12/30

ジャン・トッドFIA会長、「F1には新機軸必要」

Jean Todt (C)Ferrari S.p.A
拡大します
元フェラーリ・チーム監督から今回新たにFIA(国際自動車連盟)会長という重職に就いたジャン・トッド氏は、「モータースポーツの最高峰であるF1には、それにふさわしい新機軸が必要」との持論を披露した。

これは仏『フィガロ』紙のインタビューに答えたもので、その中でこのフランス人は「個人的にいえば、2010年シーズン、F1で「KERS」(運動エネルギー回収システム)が使われないことになったのは非常に残念に感じている。
私はこうしたテクニカルなチャレンジがF1には不可欠だと思っているので、将来的にこれに代わる新たなシステムの導入を考えていきたい。
そのための行動を私は惜しまないつもりだよ」と、語っている。

このため同会長は、フェラーリ時代のコネクションからかつての部下をFIAに招いてワーキンググループをスタートさせ、新システムの調査に当たらせるという構想も披露している。

|

« ステファンGP、F1テストで『新事業計画』? | トップページ | 2010年豪GP、タイトル・スポンサー獲得を模策 »

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/208283/47150859

この記事へのトラックバック一覧です: ジャン・トッドFIA会長、「F1には新機軸必要」:

« ステファンGP、F1テストで『新事業計画』? | トップページ | 2010年豪GP、タイトル・スポンサー獲得を模策 »